研究センターについて

グローバル・ポリシー研究センターの概要

グローバルな政策問題について研究し、教育するのが目的です。

研究の柱は①国際関係(アメリカを中心に)②メディアの将来③ソーシャル・イノベーションーーの3つ。定期的に関学丸の内キャンパスで報告会やミニ・シンポジウムを開催します。

教育関係では、中学から大学まで講師を派遣、進路、就活相談にも応じる予定です。

研究や教育にあたっては、内外の研究組織との連携を重視します。例えば、代表者がかつて勤務した日本経済新聞社や総合研究開発機構(NIRA)、さらにケンブリッジ大学クレアホール(大学院大学、代表者がかつてアソシエート・メンバー)や世界経済フォーラム(ダボス会議、代表者は10年間、メディア・リーダー)とも情報交換を進めたいと思います。
本研究センターは2012年4月、関西学院大学内に設置し活動を続け、2019年4月に独立して運営しています。