2018/12/15第12回グローバル・カフェ開催のお知らせ

Update お知らせ グローバルカフェ

日々秋の深まりを感じる候、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
朝晩の冷えからか、風邪が流行っている様に思います。
さて、来月に12回目のグローバル・カフェの開催が決定致しましたので、お知らせします。

 

開催日時・会場
2018年12月15日(土)14:00~16:30
関学丸の内キャンパス(東京駅隣のサピアタワー10階、受付は3階)

 

問い合わせ(形式自由)
メール:hrkoike1022@yahoo.co.jp
Fax  :079-565-7605 (関西学院大学総合政策学部事務室)

開催内容詳細は以下の通りです。


 

関学グローバル・ポリシー研究センター(GPRC)主催「グローバル・カフェ」

迫る危機 サイバー攻撃の実態と対策

サイバー攻撃は年々、進化しており、北朝鮮やロシアなどの国家が仕掛ける高度な手口も確認されている。官公庁や企業だけでなく、個人が巻き込まれるケースもあり、金銭や情報の窃取、社会インフラの破壊など想定される被害も多岐にわたる。最前線のサイバー攻撃の実態を解説するとともに、必要な対策や課題に迫る。

 

メインスピーカー:産経新聞東京本社外信部記者 板東和正
平成19年5月、産経新聞に入社。京都総局や経済部などを経て29年10月に外信部。iPS細胞などの研究や産業、エネルギー、サイバー問題などを取材した。27年7月から1年、米研究機関のSAISで客員研究員として所属。エネルギー省で研究成果を発表した。

 

モデレーター:関学総合政策学部教授・関学GPRC代表 小池洋次
1950年生まれ。横浜国立大学経済学部卒、1974年、日本経済新聞社入社。シンガポール支局長、ワシントン支局長、国際部長、日経ヨーロッパ社長、論説副委員長を経て、2009年から現職。著書は『アジア太平洋新論』(日本経済新聞社)、『政策形成の日米比較』(中央公論新社)、『政策形成』(ミネルヴァ書房)など。

 

【講座内容】
講座名: 第12回 グローバル・カフェ
テーマ: 迫る危機 サイバー攻撃の実態と対策
日 時: 2018年12月15日(土) 14:00~16:30
会 場: 関西学院大学東京丸の内キャンパス
東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10F
JR東京駅八重洲北口改札より徒歩2分/地下鉄大手町駅B7出口直結

※アクセス https://www.kwansei.ac.jp/pr/pr_000553.html

参加費: 無料
定 員: 50名

お問合せ: メールhrkoike1022@yahoo.co.jp
Fax  079-565-7605 (関西学院大学総合政策学部事務室)

 

備考:2012年に発足した関西学院大学グローバル・ポリシー研究センター(KG-GPRC)では、2013年度より東京での活動を強化しています。センターは来年度から独立の予定。

グローバルカフェ20181215案内1 *pdfファイルが開きます

グローバルカフェ20181215案内2 *Wordファイルが開きます

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です