2018/6/16 第11回グローバル・カフェ開催のお知らせ

Update お知らせ グローバルカフェ

GWも過ぎ、初夏を迎えたかと思うと季節外れの雪と天候は揺れていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
来月に第11回グローバル・カフェシリーズの開催が決定いたしました。
第11回のトピックは『米朝関係』です。下記に詳細を記載いたします。
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

 

開催日時・会場
2018年6月16日(土)14:00~16:30
関学丸の内キャンパス(東京駅隣のサピアタワー10階、受付は3階)

 

お申し込みは下記へお願いします(形式自由)
メール:hrkoike1022@yahoo.co.jp
Fax  :079-565-7605 (関西学院大学総合政策学部事務室)

 


 

関学グローバル・ポリシー研究センター(GPRC)主催「グローバル・カフェ」

『米朝関係を読む』

北朝鮮をめぐる軍事的緊張は緩和の流れに向かいつつあるように見えますが、表面的な動きに惑わされてはいけないのも確かでしょう。中朝、南北、米朝の各首脳会談の動きをどう判断すべきなのでしょうか。予測不能な米朝のリーダーはどう動くのでしょうか、そして日本の対応は――。国際ジャーナリストで関学教授の小池洋次が解説、それを受け徹底討論します。

 

◆メインスピーカー:関学総合政策学部教授・関学GPRC代表 小池洋次

1950年生まれ。横浜国立大学経済学部卒、1974年、日本経済新聞社入社。シンガポール支局長、ワシントン支局長、国際部長、日経ヨーロッパ社長、論説副委員長を経て、2009年から現職。著書は『アジア太平洋新論』(日本経済新聞社)、『政策形成の日米比較』(中央公論新社)、『政策形成』(ミネルヴァ書房)など。

 

◆モデレーター:関学GPRC客員研究員 間中健介
1975年生まれ。中央大学大学院戦略経営研究科終了。米系コンサルティング会社勤務、「愛・地球博」国内・海外広報スタッフ、大手広告会社勤務、「東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)」嘱託などを経て、現在、内閣官房スタッフとして成長戦略を担当。関学非常勤講師も務める。

 


【講座内容】
講座名: 第11回 グローバル・カフェ 
テーマ: 北朝鮮情勢を読む
日 時: 2018年6月16日(土) 14:00~16:30
会 場: 関西学院大学東京丸の内キャンパス

関西学院大学東京丸の内キャンパス
東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10F
JR東京駅八重洲北口改札より徒歩2分/地下鉄大手町駅B7出口直結
※アクセス https://www.kwansei.ac.jp/pr/pr_000553.html
参加費: 無料
定 員: 50名
お問合せ: メールhrkoike1022@yahoo.co.jp
Fax  079-565-7605 (関西学院大学総合政策学部事務室)

備考:2012年に発足した関西学院大学グローバル・ポリシー研究センター(KG-GPRC)では、2013年度より東京での活動を強化しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です